障子が白くなる裏ワザと言うのを実践してみました。

家政婦のミタゾノで障子を白くする方法をやっていたので、なるほど張り替えなくても良い手があったんだなとネットでちゃんと調べて実践してみました。漂白剤を使う方法と大根の汁を使う方法があったのですが、なんとなく漂白剤の方が効き目がありそうに思えたのでそっちをしてみることにしたんです。ミタゾノでは刷毛を使っていましたが、ネットでは噴霧器でスプレーしていたのでそうしました。しかしいざしようと思うと障子の桟が変色しないだろうか、廊下に散ったら変色しないだろうかと気になってシミがある所に試しに噴射するくらいでやめておいたんです。しかしどうやら全体に塗らないとダメだったみたいですね。噴射した部分としてない部分の境目に茶ジミが出来てしまいました。もう一度大根の汁でリベンジしようと思います。でもまあ所々穴が空いてそこを桜の形に切った障子紙を貼って誤魔化したりしているのでいい加減張り替えるべきだとも思うんですけどね。