道場入門夕べの穏やかなる最後の晩餐と所帯のまどい

何やかやで荷拵えはホームセンターに行かずとも有り合わせのものだけで事足りてしまった。
 お父さんが戻るとあたしはひとまず、明日から道場で寄宿やる旨を話した。
「ねちっこいようだが、二度と人様に災いだけは賭けるな」
やっぱし、真には釘を刺されるのみだったが、あたしは昔から小児の了見を八、九聞かぬお父さんの小言を逐一正に受けないことにしていた。そんなにでもしないことにはやっていけないからです。
「にしても、Iが農業ですなんてね」
 お父さんとは専用チックに、女性は私の入門に対してはざっと納得のポーズのようだ。
「俄かには信じがたいコメントですな」
 お父さんの嫌がらせをよそに最後の夕御飯を平らげたあたしは、あわただしい階段で風呂場へ伺うと銭湯に潜った。
見上げた制限のはるか先に、これからの生活が漠然と浮かんでいた。
 バス上向きにリビングを横切って階級のユーザーへ伺うと、お父さんが未だに新聞紙と格闘し、眉を顰めている。見る限りではおそらく人前箇所の政治欄だろうか。丸ごとと見飽きた眺めだが、お父さんの刺々しい顔を目の当たりにする度に依然緊張して仕舞う自分が掛かる。お嬢様酵素 取り扱い店